離婚体験談⑮ 嫁の友達エピソード上

 

ここで嫁の友達の話をしようと思う

 

 

 

みなさんは経験ないだろうか?
彼氏や彼女・嫁、旦那の友達に苦手な人がいる

 

 

きっとほとんどの人に経験があるはずだ

 

今回はパートナーの交友関係は思っている以上に大切だということを、僕の体験エピソードと一緒に話していこうと思う

 

 

 

嫁の友達を分かりやすく2種類に分けると

 

地元友達旦那友達

 

嫁の学生時代や昔からの友達を地元友達
家族ぐるみでの付き合いはあまりないが
嫁はよくランチに行ったり家で遊んだりしていた

 

 

 

 

一方、僕の友達の嫁さんや彼女が旦那友達
家族ぐるみで遊んだり旅行にいったりして
女性陣だけでも遊んだりと仲良くなっていた

 

 

 

旦那友達の方は、僕の友達の嫁さんや彼女だからかも知れないがまったく不満なく楽しかった

女性陣で集まって遊びに行くのも
僕から進めていたくらいだ

 

 

 

一方、嫁の昔からの地元友達は変わった人が多く僕は苦手だった
嫁は結婚するまであまり友達が多くなかったが、結婚して子どもが出来てから仲良くなった人やSNSを通じて顔見知り程度だった人とも仲良くなったりと友達も増えていった

僕自身、嫁が友達と遊ぶのは賛成しており
良い息抜きになればと思っていたので問題なかったのだが・・・・・

 

1人とんでもない友達がいた

 

嫁の友達が苦手でもそれは僕が文句を言ってはいけない事。苦手な人と僕が関わらなければいいだけの事なので支障はなかったがその1人だけはそうもいかなかった

今回はそのとんでもない友達の話をする

 

 

 

 

 

 

その友達は、一言で言うとギャル!
見た目・しゃべり方・すべてがギャル卍

 

なので以降【バカギャル】と称す

バカギャルは既婚者で子どもが2人いる

バカギャルと嫁は、昔から知り合いだったがそんなに仲がいいという訳でもなかった。しかし子どもがいることでママ友になりとても仲良くなったようだ

 

僕のバカギャルに対する印象は
(しっかり者を気取った馬鹿)
言葉は悪いが会ってみると皆同じ印象を持つと思う

 

気が強く根拠も中身もないのにとても知ったかぶり

 

嫁はどちらかというと柔らかい性格なので、逆の性格であるバカギャルとマッチしたのだろう

 

 

 

僕は最高に苦手・嫌いなタイプである

 

 

初めて会った時に、苦手なタイプだ!
と思ったので嫁にも
「嫁の友達関係に口出しする気はないけど、
 僕はバカギャルは苦手だから
 関わらないようにする」と伝えていた

 

 

しかし、、、

このバカギャルにとても苦しめられる事になる!

嫁とバカギャルは、月に1回程度飲みに出かけることがあった。飲みに出かけるのはいいのだが、バカギャルと出るといつも帰りが遅いのだ

 

いちいちうるさい旦那だな、
と思われるかもしれないが

 

 

 

 

うるさい旦那なのだ

 

 

ある時、
僕「もう少し早く帰れないのか?」と言うと

嫁「たまになんだから、
  そんなに言わないでほしい。
  自分でもちゃんと考えて1時くらいまでには
  帰ろうと心掛けている」と言われた

 

 

ちゃんと考えているのならこれは僕が引かないといけないなと思い、納得した

 

 

しかし、ある日バカギャルと飲みに行った帰りが5時になった日があった!

 

僕は帰宅した嫁に
「何時だと思っているんだ!
 こんな時間になるならもう夜に遊ぶな!」
と言った

さすがに嫁も悪いと思っている様子で
謝罪してきた

 

 

 

 

賛否両論あると思うが、僕は嫁に母親なんだから日付が変わるくらいには帰ってきてほしいと思っていた。でもそれはと思い、嫁と相談して1~2時には帰宅するようにとなっていた。

中には、別に何時帰ってもいいじゃないか!
考えが古い!っという人もいると思う

たしかにそうなのだが、

 

 

 

僕は遅くなってほしくない
朝まで飲み歩く女性は好きではない。僕はそういう女性ではない嫁と結婚したからだ!そしてそれは昔から嫁も知り、納得し賛同してくれていた

 

これは人それぞれ、各家庭で違うと思う
あくまで僕の話なので朝まで遊ぶ女性が嫌いとかいうことではない。

夫婦でお互いに何時に帰宅しても良いとしているなら全然いいと思う

 

 

 

話を戻す

 

 

 

 

 

朝5時に帰ってきた嫁は謝ってきた

嫁「ほんとにごめん、今度からは絶対1時には
  解散して2時までには家にいるようにするから」
と言った。

この時、僕はもちろん嫁に怒っていたが
その10倍バカギャルに苛立った

理由は後で分かる

 

グチグチと嫁に文句を言いつつ、その時は2時には帰宅すると約束してきたので終わった

 

 

 

 

 

そして約束した次の月のある日、
嫁はバカギャルと飲みに出た

約束してからの最初の飲みだ

 

 

 

1時(そろそろ帰ってくるな)

 

 

 

 

2時(ん?)

 

 

 

3時(イライライライラ)

 

 

 

 

 

 

 

4時 ガチャ・・・

嫁が帰ってきた

 

 

 

僕は激怒した

帰宅した嫁を怒鳴りつけた

 

 

 

 

 

すると嫁はボソボソと

「12時過ぎには帰ろうと思ったけど、
 バカギャルが放っておけばいい!別にそんな
 約束守らなくていい。って言うし私が帰ったら
 バカギャルが一人になると思って・・・」

と言った。

 

 

 

そう!まさにこれは予想していたことだ!
5時に帰ってきた際、バカギャルに10倍苛立った理由。きっとそんな事だろうと思っていたが、その通りだった!

 

 

嫁も嫁だがバカギャルは嫁の断れない性格を知っているのに、そんなことを言っていることに腹が立った

 

嫁はそう言われると振り切ってまで帰れない性格で、ましてや2人で遊んでいてそれを言われると誰でも帰りづらい

 

 

僕は前々からバカギャルとは遊んでほしくないと思っていたが、大人の嫁にあいつとは遊ぶな!っというのもおかしいので何も言わないでいたが我慢の限界だ

 

 

僕は次の日、バカギャルに電話した

 

僕「もしもし?」

バカギャル「どしたん?」

僕「嫁と遊ぶのはいいんだけど、
  ちゃんと時間守ってくれんと困る」

バカギャル「なんで?別に何時に
      帰ってもよくない?」

僕「よくないよ、夫婦や家族の
  ルールがあるから守ってくれないと」

バカギャル「いやまずなんでそんなルール
      作られないといけないの?」

僕「それはバカギャルには関係ないよね?
  それに嫁と話し合って、嫁が言ってきたことに
  僕が納得してのルールであって約束だから」

バカギャル「うちにはそんなルールないし、
      旦那も何時に帰ってもなんも言
      わない!そんな束縛可哀そう!」

 

 

 

案の定、話が通じない。
分かってきたが、段々腹が立ってきた

 

僕「別にバカギャルが朝帰ろうと3日家に帰らなくても、僕には関係ないからすきにして。そっちの家族に口出す権利も興味もないから、逆にバカギャルもこっちの事に口出す権利ないから朝まで遊びたいなら1人か朝まで遊べる友達と遊んでくれ」

バカギャル「は?意味わかんない!キモ!」

 

 

イライラ・・・・疲れる・・・・・

 

 

 

僕「キモいかどうか聞いてないから、
  もう言葉通じないからいいよ」

 

 

 

まったく会話が成り立たない
その後も何をしゃべったか覚えていないが、終始話が通じなかった

上の子(7歳)でももう少しまともに会話できるものだが、、

 

 

 

電話後、嫁に言った
僕「遊ぶなとは言わんけどもう少し友達選んでも
  いいんじゃない」

嫁は特になにも言わなかったが
ルールは守るようにすると約束した

 

 

 

この時期はまだ浮気していない頃で、ゴミ野郎の存在もない時なので嫁もまともだ

 

友達とは大切なものだと思う
しかし、バカギャルのような人を
本当に友達と言えるのか悩ましい

 

 

この記事を読んで、それぞれ意見はあると思う
僕のことをうるさい人間だなーと思う人もいるはずだし、バカギャルってバカだなーっと思う人もいるはず。

ただ事実を書かなくては意味がないので、それぞれの価値観で見てほしい

 

そして、
これでバカギャルとの闘いは終わりではない

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました