離婚体験談56 主張書面

~調停から数日後~


嫁から家庭裁判所に提出された主張書面が    
僕の家にも届いたのだがその内容に僕は驚愕した!

 

主張書面

 

・家庭裁判所に提出されたものは、必ず相手方にも同じものが渡されるようになっている。嫁は弁護士をつけているので、主張書面なども嫁ではなく弁護士が作成している。嫁の言い分を聞いて弁護士が作成するらしいのだが、

 

 

こんなものが届くとは思いもしなかった。

 

封筒を開けると、A4の用紙が10枚入っていた
その10枚にビッシリと書いてあった。   
【この状況の原因は嫁ではなくあなたです】
という相手弁護士からの主張が10枚分   

 

その内容を紹介する

 

用紙10枚分を書くことは出来ないので省略して、その内容を箇条書きで紹介する

・別居開始の原因は嫁ではない
・不貞行為は別居とは無関係である
・趣味に没頭していた    
・家族より友人を優先していた
・友人たちが度々家に宿泊していた
・家族と出かける事がなかった
・投資をしていた
・僕実家で生活した時の事がつらかった
・でも私は頑張った(謎)
・女性と遊び朝帰りをしたことがあった
・家を建てる際、土地を祖母が購入した
・家を建てる場所が嫌だった
・家に僕母が来るのが嫌だった
・僕のお金遣いが荒い
・家に帰ると玄関に犬がいた
・庭に倉庫を作ろうとしている
・SEXをしたくない時でも要求される
・無茶な誓約書を書かされた
・仕事をしてはいけないと言われた
・嘘を付く癖があった
・モラルハラスメントに耐えられなかった
・性的DVに耐えられなかった
・一度やり直す意思を見せているので悪くない

 

 

なんだこの内容は、、、

屁理屈や言い訳・事実でない事まで書かれている。なによりこんなくだらない内容の書面でいいのか?弁護士が作っているので、言葉や文章はそれっぽく作られているが内容は薄く幼稚なものばかり。僕は初めての調停で、このような書面も初めて見るのでこれが普通なのか異常なのかも分からなかった

 

僕はネットで、主張書面などについて経験者の体験談などを調べた!すると相手方の弁護士からの、理不尽な主張はよくあるものだと分かった!

弁護士は、ある事ない事なんでも主張してくる。依頼主を弁護することが仕事なので、過去に有ったことが事実か嘘かなど関係なくとりあえず僕の印象が悪くなる様な事を書きまくっている

 

 

まぁしかし、読んで分かると思うが

 

 

何一つ離婚理由にならない・証拠もない

 

 

 

嫁の弁護士が、主張している文章には事実もあれば事実でない事もある。そして意味不明な事も記載されていたので、僕はこの時にやっと弁護士と調停というものを理解した

僕は弁護士という人を、間違った事は言わない人だと思っていたが違う、依頼主を弁護する人だ。そしてこの調停もお堅く聞こえるが、ただの話し合い。送られてきた書面の内容が、しょうもなかった事もあり『これは僕と相手弁護士の悪口・屁理屈の言い合いなんだ!』と解釈した。※あくまで僕の解釈です

 

 

自分で言うのもなんだが、

 

 

 

拙者、屁理屈口喧嘩には自信あり!

その勝負、受けて立とう!!!

 

 

 

この調停に関しては、絶対に僕が正しい。それは相手の弁護士も間違いなく分かっているはず。しかし嫁の依頼を受けてしまった以上、屁理屈を並べてでも嫁の正当性を主張していかなくてはならない

一方僕は、主張書面など作ったことが無い。でもたぶんこの件に関しては、何もしなくても僕が正しいという結果になるのは分かっていた

 

なので僕は

 

 

 

とことん煽ってやろうと決めた!笑

 

 

実際、嫁にも嫁の弁護士にもムカついていたので煽りまくって挑発してやることにした!送られてきた相手弁護士の主張に回答する形で書面を作成した

 

 

僕の主張書面

 

嫁側の長い主張書面を拝見しました、事実でない事も記載されています。それに証拠等はあるのでしょうか?嫁は幾度となく浮気を繰り返しています。おそらく現在も進行形でしょう。何度も何度も約束を破り、子どもを放って男に夢中です。僕は、全て証拠を確保しています。必要なら提出も可能です。

 

そちらの主張内容を見て、
少し呆れましたが全て回答します。

 

・別居開始の原因は嫁ではない
〇誰が見ても原因は嫁です
・不貞行為は別居とは無関係である
〇意味不明です

・趣味に没頭していた 
〇だから浮気したのですか?   

・家族より友人を優先していた
〇嫁もいつも友人と遊んでいたが悪いのは僕だけ?

・友人たちが度々家に宿泊していた
〇一緒に楽しんでましたよね?

・家族と出かける事がなかった
〇ではなぜ沢山家族の写真があるのですか?

 合成ですか?
・投資をしていた
〇はい。今もしています。

 生活に困ったり借金をしましたか?
・僕実家で生活した時の事がつらかった
〇だからコビトと浮気していたのですか?

・でも私は頑張った(謎)
〇ありがとうございます

・女性と遊び朝帰りをしたことがあった
〇昔、合コンに行った事を言っていますか?

 それなら3時に帰宅しましたし、
 謝罪して以降同じ行動はしていません。
 あと合コンは不貞行為に該当しないの
 知っていますか?
・家を建てる際、土地を祖母が購入した
〇感謝するところでは?

・家を建てる場所が嫌だった
〇今関係ありますか?
 今言われても困ります。
 だからどうしたのですか?
・家に僕母が来るのが嫌だった
〇僕が注意して減りましたよ?

・僕のお金遣いが荒い
〇家のお金に手を付けたことがありますか?
 洋服を沢山持っているのは誰ですか?
・家に帰ると玄関に犬がいた
〇当時、嫁は面白がってSNSに投稿しています。
 次の日には、隣人に譲っています。
・庭に倉庫を作ろうとしている
〇はい。嫁に許可とりましたけど?

・SEXをしたくない時でも要求される
〇要求は罪ですか?強要していないので

 何が問題なのか分かりません
・無茶な誓約書を書かされた
〇浮気されたので書かせましたが、
 何一つ守ってくれていません
・仕事をしてはいけないと言われた
〇浮気する人には当然の処置です

・嘘を付かれたことがある
〇嘘を付いて浮気していたのは誰ですか?

・モラルハラスメントに耐えられなかった
〇こっちのセリフです。寝れていません。

・性的DVに耐えられなかった
〇そんな趣味ありません

 浮気後なら誓約書に従って1度は身に覚えあるが、
 状況的にDVにはなりません
・一度やり直す意思を見せているので悪くない
〇どの国のルールですか?

 しかもその後も浮気してますよ

 

僕には、浮気した事実を屁理屈で正当化しようとしている様にしか思えません。結婚生活での嫌だったことを書いているようですが、7~8年も一緒に居れば嫌な事くらいあるのは普通なのではないでしょうか?僕もいけない部分があるのは認めますが、離婚理由になるようなことはしていません。なのでこの状況を作ったのは、紛れもなく嫁です。そしてその後、約束を破り続けているのも嫁です。

以上

 

 

嫁の弁護士からは、主張書面10枚がお送られてきたのでかなり省略しているが実際は相手の弁護士も僕も詳細に書いている。僕はなにを書いていいのか分からなかったので、相手の主張に答える形で相手がムカつくように書いた。笑

 

調停は、弁護士を付けなくても全然問題ない。僕自身最初は、弁護士を相手にするという事を不安に思っていたが調停は裁判ではないので、心配いらない。自分に非がない場合は特に弁護士は必要ない。

 

 

ワンポイントアドバイス

以前にも書いたが、弁護士が出てきたり調停などと聞くと一般の人は聞きなれない言葉に不安になってしまう。僕も不安になったり心配したりと心細い時期があったが、まったく心配しなくていい!

逆にそんな気持ちになってしまうと相手の思う壺!
【弁護士とは、法に詳しい人間】ただこれだけだ!

悪い事をしていないのだから、自信を持ってドッシリと構えておけばいい。分からなければこちらも弁護士に相談すればいいだけの事!調停も同じで、ゆっくり冷静に対処すればよい。なにも心配することはない

 

次回 反撃

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました