離婚体験談61 離婚調停終了 ~裁判官一蹴~

スポンサーリンク

離婚調停決着

な、なんと裁判官の登場から1分で離婚調停が終結してしまった!

前回>>離婚体験談60 2回目の調停 【離婚調停・婚姻費用調停】

 

「浮気した側は離婚できません」

 

この言葉にその場にいた全員が静まり返った
何が起きたのか理解するのに数秒かかった

 

嫁・弁護士「え? え???」

 

嫁の弁護士も一応プロなので、結果は分かっていたと思うがあり得ないほど簡単に却下されたことに慌てていた

 

弁護士「で、でも嫁さんは関係修復に努力しましたし
    僕さんにもげんい
裁判官「離婚は出来ません。」キッパリ!!!

 

嫁は弁護士に離婚できると言われて依頼していたはず。おそらく弁護士はもう少し話し合いがもつれるつもりだったのだろう。”惜しくも離婚できなかった””を予想していたがあっさり却下されたことにかなり動揺していた

 

嫁は落胆している
それを慰める弁護士

 

僕自身離婚など認められる訳がないと思っていたが、まさかこんなにもあっけないとは思っていなかったので固まってしまった。

 

 

些細な攻撃

 

・・・・・・・

 

事態を理解した僕が思ったことは2つ

1つは【当然の判決が下されて良かった
離婚できない。は100%当たり前のことだが、まったく不安がなかった訳ではないので安心した。

もう1つは【ざまぁみろ!】
今まで嫁に散々な目に合わされ続けていたし、嫁の弁護士も色々あり大嫌いだったので最高の気分だった!

 

そして僕は 『少しでもコイツらに何か言ってやりたい』と思った!裁判官や停員がいるので、あからさまには言えないが ”嫌味を言わないと気が済まない” 

僕は隣に座っている弁護士にギリギリ聞こえるくらいの小声でつぶやいた

 

 

 

僕「ざまぁみろ、」ボソッ

 

 

弁護士(ピクッ!)

 

 

 

き、気持ちいいい!!
癖になりそうだ!

調停員が何か説明している、まだイケる!!!

 

 

 

 

僕「これが離婚出来るって、、、
  ほんとに弁護士かよ」 ボソっ

 

弁護士(こっちを見た!!)

 

 

 

エクセレーーーーーーーンット♪♬

 

 

 

快感だ!この時間があと3時間続けばいいのに・・・
この時の嫁と弁護士の顔は一生の宝物だ☆

 

 

 

裁判官「これで終わります」

裁判官は退出していった
裁判官が登場して、たった3分程度の出来事だった

 

この離婚調停に関して、完全勝利を収めた僕は心が躍っていた。一方、惨敗の嫁・弁護士は葬式ムードだ

 

調停員森「これで離婚調停は終わりということになります。続けて婚姻費用の件に移りますが、少し休憩を取ってまた別々に話を伺いますので各自控え室でお待ちください。」

 

僕・嫁・弁護士が部屋から出る

 

僕(まだイケる!)

おそらくもう会うことは無いので最後に、
僕「これで金取るのはもはや詐欺師だな」ボソッ

 

 

 

エ、エクスタシーーーーー 😈 😀 

 

 

※僕が悪者に見えるが、浮気したのは嫁です

 

 

嫁と弁護士がどう思ったかは分からないが、そんなことはどうでもいい!辛い日々の鬱憤を晴らせた事が嬉しかった!!

 

 

結果、嫁から申し込まれた離婚調停は2回目にして
【離婚不成立】にて終わった。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました