離婚体験談㉝ おもしろい

スポンサーリンク

追跡を初めて2週間ほどが経ったある日、珍しく探偵が笑いながら電話してきた。探偵はいつも無表情であまり感情を表に出さないイメージだったので少し驚いたのを覚えている

 

探偵「今嫁とゴミ野郎がデパートの駐車場で合流して、ゴミ野郎の車に乗り合わせて移動してる所を追跡してるんだけどこいつらほんとバカだね!面白いよ!笑」

僕「どうしたんですか?」

探偵「あとで映像見せるよ!」

心の声(いや言わんのかーい)

探偵「たぶん方向的にホテルに行ってるから
   今日いい写真取れると思うよ!」

僕「そうですか!お願いします、」

心の声(このおっさん、楽しくなってきてるな)

 

おそらくこの探偵は人の不幸が楽しいタイプ笑
数日後、探偵は僕にその時の映像を見せてくれた

 

 

たしかに!!たしかにこれはおもしろい!!!

 

僕が見た映像を見せたいがそれは出来ないので
可能な限り分かりやすく説明する

 

 

探偵が見せてくれた映像はあるデパートの駐車場で車に乗っているゴミ野郎を映していた。まずここから面白い!ゴミ野郎はサングラスに帽子にマスクをしている、、、見た目がもう怪しすぎる

 

 

限りなく近い写真

 

自分で『僕悪い事してますよー』っと言わんばかりの怪しさ。これが家族連れが行きかうデパートにいるのだ、僕なら通報している。ゴミ野郎は神妙な面持ちで嫁を待っている

 

暫くすると嫁らしき人物が登場

 

!!!!!!!

 

 

これは笑った!

登場した嫁は、ゴミ野郎と同じで
サングラス帽子マスク

目立ちすぎだろ!!笑 
いや怪しすぎだろ!

オソロコーデ⁈

しかも嫁は車でデパートの駐車場まで来て、離れたところに車を停めてまっすぐゴミ野郎のもとに行かなかった。カモフラージュの為にデパートの中に入りウロウロしている。ちなみに誰に対して何のカモフラージュなのかは僕も探偵も分からなかった笑

そして5分ほどデパートをウロついた嫁は
遠回りをしてゴミ野郎の車に向かい合流

 

合流w

嫁はそそくさとゴミ野郎の車の後ろへと乗り込んだ

 

一度目を閉じて想像して欲しい

サングラス帽子マスクの男が運転する車に、
サングラス帽子マスクの女が乗り込む姿を

 

 

・・・犯罪の臭いしかしない!
ニッポンノケイサツ、ダイジョウブデスカ!?

 

ゴミ野郎の運転する車の後部座席に乗り込んだ嫁は、外から自分の姿が見えないように伏せていた。
軍人のような身のこなしだ!
2人の乗った車はデパートから出て街はずれの方向に走っている。車の中ではどのような会話があるのか気になるところ

 

ゴミ野郎「伏せていろ!頭を低く!!」

嫁「分かったわ!!」

 

特殊部隊の車内で飛び交うようなセリフを言っていてほしい(願望)

そしてゴミ野郎の車は、探偵の予想通りホテルへと到着した。ここでもゴミ野郎と嫁は不思議な行動をとっている。このホテルは車を部屋のすぐ横に駐車して部屋に入るタイプだったのだが、なぜか2人が時間差で入るというトリッキーなチェックイン!

言っておくがここはラブホテルだ。おそらく2人でいるのを見られないようにする作戦のつもりなのだろうが、昼間からラブホテルに1人で入る方が不自然で目立つ。しかもサングラス帽子マスク、やばい取引でも行われているようだ

 

2人はホテルに入った
どんな会話をしているのか気になる笑

嫁「会えたねー!好きー!!」

ゴミ野郎「おれもだぜ」

嫁「こんだけ変装したらバレないよね!」

ゴミ野郎「当たり前だろ~おれの作戦は完璧!
     誰にもバレるわけねぇ★」

 

こんな会話をしていて欲しい(願望)

しっかりバレてるし映像にも写真にも撮られてる

 

ホテルに入ってからは出てくるまで何もできない、探偵は出てくるまでずっと張り込んでいた。こういう時に探偵は大変だなぁと思った。今回は運よくホテルに入る瞬間も撮れたが、普通追跡の場合入る瞬間はなかなか撮れない。出てくる瞬間を押さえる為に、隠れながら出口にカメラを向けて待ち続けなくてはならない

 

探偵は出てくる瞬間も、バッチリ撮ってくれていた

 

これがまたおもしろい!!!

 

 

まずゴミ野郎が出てきた

 

帽子にサングラスはしているが、マスクはしていなかった。スッキリして忘れているのかもしれない笑 そしてまた時間差で出てくるトリッキーチェックアウト!

 

本当に何がしたいのか不明。探偵に付けられているかもしれないと思っていたのか?だとしたら、こんな分かりやすい変装で誤魔化せると過信したゴミ野郎にあっぱれ。探偵でなくても誰が見てもすぐ分かる、そもそも車が変わっていないのだから笑。ナンバーを見れば乗っている人はイコールだ

ゴミ野郎は車に乗り込んでエンジンをかけた
およそ5分後~

 

 

キタ!嫁だ!!

 

ホテルから出てきて素早く後部座席に乗った!

 

 

忍者のような身のこなし!
乗り込んで出発まで2秒弱!
F1のタイヤ交換より早い!

 

 

ラブホテルから逃げるように出ていくゴミ野郎の車!後部座席では、流れ弾を避ける様に軍人が伏せている

 

おそらく一度バレているのが、トラウマになっているのだろう。逃亡犯の心理と一緒で、誰かに見られている気がする、周りの人がみんな自分を見ている気がする。ゴミ野郎もそんな状況になっていたのだろう。まぁ気のせいでなく見られてるし撮影もされてるんだがw

 

ゴミ野郎の車は、合流したデパートの駐車場に戻った。ここでまたゴミ野郎はおかしな行動をとった。嫁の車の隣に駐車して嫁を下したのだ。合流した時は離れたところに停めて、わざわざデパートに入ってまで遠回りをしたのに?一体何がしたいんだ?

 

嫁はゴミ野郎の車の後部座席から、
颯爽と自分の車に移った

心の声(嫁ってこんな素早く動けたんだな、感心)

 

 

待ち合わせは遠回りをして、車では運転席と後部座席、サングラスに帽子マスク、いつも人の目を気にして行動しなければならない

 

はたしてこれは楽しいのか?

 

別居で知り合いの家に寝泊まりしている僕の事も気にしてもらいたいものだ。お前たちでなく僕がホテルに行きたい笑

 

 

今のうちに楽しんでおけ
着々と証拠を撮り、準備は整っていった

 

 

 

————ちょっとお知らせ————

【Instagramにて漫画連載中】
https://www.instagram.com/gamgama.gama

僕の離婚体験談を漫画にしました

良かったら見てください!

 

——————————————-

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました