離婚体験談74 弁護士への依頼内容

スポンサーリンク

依頼内容

 

現在の状況は、嫁との離婚調停は即刻却下され婚姻費用調停は継続中。嫁は月7万円の生活費をよこせと主張してきているが僕は払えないと言っている。一方僕も面会交流調停を申し立てている状態だ。ゴミ野郎は傷害罪により依然拘留中だ。3週間くらいは檻の中だろう。

 

事情説明

 

僕は2つの弁護士事務所に相談に行き、依頼する弁護士を決めた。かなり年配のおじいちゃん弁護士だ。この弁護士に決めた理由は実績と評判!

 

実際、僕のゴミ野郎との件に関しては100%ゴミ野郎が悪いので誰に依頼しても大きく結果は変わらない

 

おじいちゃん弁護士の第一印象は、
賢そうなおじいちゃん。笑    

 

 

 

僕は全てを説明した

 

僕

あーだこーだ~~~~~・・・・

すごい・・・テレビの中の話みたいですね。

 

 

この時、僕は「そうか、やっぱりすごいんだ。弁護士でもあんまり聞かないくらいの話なんだ」と何故か少し嬉しかったのを覚えている。完全に感覚がバグっている

 

 

僕

嫁の事は自分で対応出来そうなので大丈夫なんですが、ゴミ野郎の件を依頼したいのですが、

分かりました。
で、どうしたいのですか?

ここがPOINT!弁護士と言ってもスーパーマンではない。この件に関してこのようにしてほしい!っという意思がないとダメ。弁護士は依頼を受けて初めて動いてくれるので、自分の意思をハッキリと示した方が良い。しかし、僕の場合は問題が多すぎて自分で調べてみても全く分からなかった。

 

 

浮気はされたが一度は慰謝料を貰っている。しかし互いに交わした示談書にゴミ野郎は違反している。その示談書には違反金も設定している。傷害事件と浮気は別として考えるのか?これからの流れは?

 

僕は何も分からなかった

 

 

意思

 

とにかくゴミ野郎を懲らしめたい!言うならばしっかりと復讐を果たしたい!ゴミ野郎はもう逮捕されているので、残された復讐方法は多く慰謝料を取る事。一回目の浮気の時もそうだが、ゴミ野郎はお金がないのにプライドは高い。なのでこれが一番の復讐になる

 

僕

率直にいくら取れますかね?

ん~すぐにいくらとは言えないけど、300万前後ではないかな

 

弁護士の説明では、2度目の不倫は1度目よりも悪質性が高くなる。ゴミ野郎のせいで夫婦が修復不可能になっている事と見られるが、1度目の時に僕はしっかりと慰謝料を取っている。なのでおじいちゃん弁護士が言うには200万円くらいが妥当ではないかとの事。

そこにプラスで傷害事件の慰謝料が加わる。これは相場が50~100万円らしいので200+100で300万円という数字になったらしい。(※ざっくりの説明です)

 

今回の場合、不倫の件と傷害事件の件をまとめて行う。

 

 

僕

示談書の違反はどうなるんですか?

これは今の段階では必要ないね。裁判になれはゴミ野郎の悪質性を証明する材料になるけど、最初は話し合いによる示談の交渉になる。聞いた感じ、今のゴミ野郎の態度では示談書に従って違反金を支払ってくれそうもないからね。でもこの示談書はよく出来てるよ、すごい。

 

 

 

悔しいがせっかく苦労して作った示談書も、相手が非常識な人間だと意味を成さない。裁判になればまた違ってくるらしいが今の段階では無意味・・・

 

まぁ、とりあえずゴミ野郎はお金がないみたいだから国選弁護人から連絡がくるはずだから待ってみましょう

 

 

※国選弁護人とは、被告人が貧困などが理由で弁護士を呼べない場合に国が費用を負担し選任する制度>>https://keiji-pro.com/columns/14/

 

ゴミ野郎はまだ檻の中なので、ゴミ野郎担当の国選弁護人から連絡が来るのを待つこととなった。 僕は必要そうな資料(探偵からの調査資料など)を弁護士に渡して帰ろうとした。しかしその資料を見た弁護士が、

 

 

ん?ちょっと待って。ちょっとこれは、、、マズいかもしれないね

僕

ん?

次に続く

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました