離婚体験談59 3個目の調停 【婚姻費用分担請求調停】

スポンサーリンク

 

婚姻費用

 

ある日、家庭裁判所から電話がかかってきた

内容は【嫁から新たに婚姻費用請求の調停が申し立てられた】というものだった。少し難しい言葉だが、これに関して驚きはしなかった

 

以前、探偵に相談した際に「間違いなく婚姻費用を請求してくるよ!」と教えてもらっていた。なので準備も出来ていたし対策も考えている

 

 

その前に

婚姻費用とは?
婚姻費用とは、簡単に言うと家族が生活する上で必要なお金とである。夫婦には、収入などに応じて分担する義務がある。
まぁ、いつも通り詳しくは↓↓↓

>>https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_03/index.html

 

 

婚姻費用の請求とは「夫婦(家族)は同じレベルで生活する義務がある」ので、別居をしていても夫婦である以上その義務は消えない。なので収入が高い方が低い方に生活費を渡さなければならない

子どもと一緒に暮らしていれば、当然お金も多くかかるので婚姻費用も高くなる。夫婦に子どもがおらず収入が同じくらいなら、婚姻費用はゼロ。嫁の方が収入が多ければ、嫁から旦那に婚姻費用を渡す、という感じだ

婚姻費用の金額は、収入や生活状況によって決まる。婚姻費用算定表があるのでおおまかな金額はこれを見ればわかると思う

>>https://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/index.html

 

 

 

一見なんの問題もない普通の義務に見える。
しかし僕の場合で考えてみてほしい

 

  • 嫁がゴミ野郎と浮気
  • 過去の浮気も発覚
  • やり直す為に別居
    (給料などはすべて嫁が所持)
  • 約束を破り再度ゴミ野郎と浮気
  • 数々の誓約を破る
  • 子どもを連れ去った

 

この状態で「生活費をくれ」と言われて素直に渡す人などいるだろうか?男を作り、勝手に出ていき子どもを奪っておいて金を渡せ ・・・ ふざけている

 

憶えているだろうか?嫁は
『養育費も何もいらないから離婚してよ!』
と言っていた。

 

しかし僕が離婚に応じる気配がないので、
嫁は、唯一の反撃をしてきた
それが【婚姻費用請求】なのだ

 

婚姻費用を払うのが嫌なら離婚しろ!

 


一言で言うと、こういう事なのだ!


離婚しないのなら生活費を払い続けなければならない。逆に言えば、離婚してしまえば婚姻費用は払わなくても良い。これは手段としてかなり使われる方法らしく、嫁も『こんな奴にお金を払うくらいなら離婚した方がいい』となるのを狙ってのことだろう。

 

 

遺憾

 

なぜあんな奴に生活費を渡さないといけないんだ!

 

 

 

嫁は子どもがいるからお金がかかる。だから婚姻費用をよこせ!と主張しているが、だったらなんで奪っていったんだ? あれだけ偉そうなことを言っておいて結局人頼み? 

離婚する為の要求なのかもしれないが、【お金を貰いつつ離婚へと追い込む作戦】を嫁は実行してきたという事!

 

 

 

浮気して勝手に出て行った奴のことなんか知るか!

っと思うかもしれないがそうもいかないのが現実だ。浮気していようが婚姻費用にはなにも関係がない。子どもを奪っても約束を守らなくても、どれだけ理不尽な事をされようとも婚姻費用には関係ない。これには全然納得がいかない!

 

 

 

日本の法律はどーなってんだ!?

 

 

もう少しなんか・・・

 

 

なんかこう・・・

 

 

犯罪者に厳しくというか、、、

 

 

 

被害者に優しくというか、、、、、

 

 

 

 

まーそんなことを言っても仕方がない!
僕は探偵に教えてもらっていた作戦を実行することにした!この作戦は書いていいのか分からないので、や~んわり妄想で独り言を呟く。

 

 

もう一度言う、妄想で独り言だ

 

 

 

妄想~

 

裁判所の決定で婚姻費用が7万円に決まったとする

あー毎月7万円も嫁に渡さないといけないのかー

支払いも色々あるし・・・

そもそも嫁にお金を渡したくないなー

 

ん?

 

渡す金があるからいいけど、

無いとどうなるんだ?

無いところからは取れないよな?

無ければ嫁には取られない

・・・・

 

 

車を買って、月々の支払いが増えたら・・・

消費者金融で借金したら、月々の返済で・・・

 

 

はい!妄想終わり!!!

 

 

 

次回 2回目の調停

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました