離婚体験談96 決着【ゴミ野郎】

決着

 

今まで

 

ゴミ野郎が逮捕された事件から、数カ月が経過しているがゴミ野郎問題は何も進展していない。あちらの対応が遅すぎる上に、支離滅裂な返答しかしてこない。
離婚体験談95 ゴミ野郎最強 【被害者の敗北】

かと言って裁判はこちらのリスクが高すぎる。ゴミ野郎の性格上、高額の慰謝料を払うくらいなら姿を消すだろう。慰謝料の額は減るが、ゴミ野郎が払うであろう額で折り合いをつける事にした。

 

 

理不尽な交渉

 

ゴミ野郎に請求する額を、少しずつ減らしていく。正直腹が立って仕方ない!「誰がどう見ても悪いのはゴミ野郎なのに、、、。」唯一の復讐手段である慰謝料をぶん取る事も出来ない。

ゴミ野郎本人は逃げ回り追い込まれているかもしれないが、実質今の状況で主導権を握っているのはゴミ野郎だ。外から見れば、裁判するのもしないのも僕次第。圧倒的に僕が優位に見えると思うがフタを開けてみれば別物。何度も言うが、こういう人間とは関わらないのが一番。

 

 

値段を下げて請求・・・値段を下げて請求・・・しかし返ってくる返事は、「お金ありません」「払えません」の一点張り。

 

嫌になる

 

 

絶対にゴミ野郎は地獄に落としてやる!
とことんやってやる!

 

最初はそう思っていたが、徐々に心境が変わってくる。もちろん今でも心底恨んでいるのだが、

 

浮気発覚からこの時まで1年以上・・・嫁やゴミ野郎の対処に調停、傷害事件や探偵、お金の問題や子どもの事を考えて悩む、電話が鳴れば探偵や弁護士からの連絡。空いた時間は現実逃避の為かお酒を飲みまくる・・・

 

ずっとそんな生活をしていて「僕はもうコイツらと関わりたくない」と思うようになっていった。もう嫌になった

 

 

時間の無駄

 

 

嫁にしてもゴミ野郎にしても、こんな人間は相手にしない方が良い。相手にならないっと言うのが正解かもしれないが、まともに会話が出来ない事が分かった時点で最短で終わらせた方がよかったのだ!

子どもに対する気持ちなどもあるので一概には言えないが、僕が浮気発覚当初に戻れたとしたら同じ事はしない。

 

 

探偵も雇わないし、弁護士に依頼もしない。それ以前に最初の浮気で離婚する。復縁などあり得ない。執拗な対応はしないだろう。時間の無駄だ!

 

まぁこれも今だから言える事なのだが、、、。

 

 

慰謝料決定

 

僕は弁護士に全て任せた。
実際僕に出来る事は無かったので、

 

僕

もう、弁護士さんが思う最良の形で終わらせてください。

 

数日に1回来る、弁護士からの連絡さえ嫌になっていた。ゴミ野郎の話をされると、思い出して腹が立ってしまう。しかし何も出来ない・・・そんな事なら早く終わってしまった方が良い。

 

本当にこの時は精神的疲労が酷かった。経験した人しか分からない事だが、ねちっこい性格の僕が、「もぉいいや。」っと思うほどだった。

 

そして弁護士が幾度となく交渉を重ねた結果、慰謝料が決定した。

 

 

 

80万円。

 

 

 

 

たった80万だ。

 

言っておくが、この80万浮気示談書違反傷害事件の慰謝料だ。ググってもらえれば、これがどれだけ少ないかが分かるだろう。

対する僕は、今回の騒動で探偵費用別居費用弁護士費用と出費は軽く350万以上だ。おまけに貯金や車は全て嫁に取られたので・・・

 

踊ろう★

 

 

当然納得はしていない。

納得はしていないが、
これ以上は何も出来ないのも事実。

 

嫁とゴミ野郎は笑っているかもしれない。結局子どもも失わず、大した慰謝料も払わず離婚も出来る。これから2人で思い願った生活ができる。しかし、もう考えるのもイライラするのにも疲れた。

 

 

僕

もう・・・それでいいですよ。

 

 

あともう1つあるんだけど、

分割の月1万円払いでお願いします。って・・・

 

 

高校生のお小遣いかっ!

 

最初は、「手を怪我したのはお前のせいだ!おれは悪くないから慰謝料は払わない!」っとか言っていたクセに最終的にはこれ。嫁もいい男を捕まえたもんだ。

 

僕

・・・・・・・
もう、なんでもいいです

 

ゴミ野郎をギャフンっと言わせるハッピーエンドを期待していた人には申し訳ないが、これが現実だ。

 

 

しかし、今後しっかりと悪者にも天罰が下る。

 

 

コメント

  1. マルコ より:

    ガマ太郎さんの心中お察しします。
    酷い目に会いましたね。
    子供の話では涙が出ました。

    • gama より:

      暖かいお言葉ありがとうございます。
      励みになります。

タイトルとURLをコピーしました