離婚体験談81 加害者と被害者 【ゴミ野郎はゴミ】

加害者と被害者

 

ゴミ野郎は勾留が終わり釈放された。そして嫁と連絡を取ったのだろう、少しまともな嫁に戻りかけていたがしっかりと浮気嫁にと逆戻りしていた。

 

僕と僕が依頼している弁護士(おじいちゃん弁護士)は、ゴミ野郎が釈放されたのでさっそく動き出すことにした!

 

 

ゴミ野郎の主張

 

 

離婚体験談77 檻の中で復讐を誓うゴミ野郎を読んでもらうと分かるが、ゴミ野郎は驚くべき主張をしようとしている。

 

「あなたを殴って手の骨が折れたから賠償しろ」

というジャイアンよりジャイアンな事を言ってこようとしている。しかしこちらがまだ何もアクションを起こしていないのでゴミ野郎側も何も動いてはいない。

 

POINT
ゴミ野郎は加害者なので訴えられる側。僕がゴミ野郎に対して訴えなければ何も起こることは無い。

 

僕はまず釈放されたゴミ野郎に対して、ファーストアタックを仕掛けた。※僕にはおじいちゃん弁護士・ゴミ野郎には国選弁護人の小山弁護士が付いているので弁護士同士のやり取りになる。こうなってしまえばもう直接コンタクトを取ることは無い。

 

どうする?いくら請求する?

 

 

 

請求

 

 

そう!結果的に金の話!!

この類の争いは、シンプルにまとめると被害者が加害者からいくらお金を取れるか?っという事になる。浮気にしても傷害事件にしても、被害者の僕はゴミ野郎からお金(慰謝料等)を取るという復讐方法しかない。

 

 

僕

ん~。

 

前も言ったけど僕さんはすでに100万円を慰謝料で受け取っているから、不倫と傷害で300万円くらいだと思うよ。

 

話が分からない方は>>離婚体験談74 弁護士への依頼内容

 

僕

じゃ400万。

 

 

まぁこれは常套手段だろう。ゴミ野郎は金がないから間違いなく金額を下げにくる。いや、下げにくるどころか僕に払えって言っている。(笑

 

おじいちゃん弁護士は相手側に、僕の意思をまとめた書面を送った。その内容を簡単に説明すると【400万円で示談してやる】というもの。

 

POINT
弁護士は基本、書面(手紙)やファックスやり取りをする。なので返答が来るまで時間がかかる

 

 

なんと返事をしてくるか楽しみだ・・・

 

 

 

 

しかし、こういった場面で必ず予想の上を行くのがゴミ野郎。悪い意味で期待を裏切らない

 

 

ゴミ野郎はゴミ

 

いや、僕からしてみればゴミ以下だ。
なにがあったかと言うと、、、

 

 

返答がない!

 

一か月経っても相手側から何も返答がない。てっきり言い訳や意味不明な主張をしてくると思っていた、が返答すらない。

 

 

 

 

僕

どうなっているんですかね?

・・・ちょっと相手の弁護士に電話してみるよ。

 

ここでゴミ野郎は僕の想像を超えてきた!!!

 

 

さっき確認してみたら、あっちの弁護士もゴミ野郎とずっと連絡が付かなかったみたい。それで釈放の時に保釈金を払った人(親)に連絡してやっと連絡が付いたみたいだよ。

このゴミ野郎、、、色々とヤバそうだね。

 

 

 

 

こいつは何がしたいんだ?

 

 

これは僕とおじいちゃん弁護士の予想だが、ゴミ野郎は自分の弁護士(小山弁護士)からも逃げたのではないか?お金がかからない国選弁護人といってもそれは傷害事件に関してだけ。別件に関しては料金は発生する。それでゴミ野郎は逃走を図ったが、親に連絡され観念したのではないだろうか?

 

 

 

僕

ゴミだ、ゴミ。

 

この時くらいから少し、ゴミ野郎に対して恨みや憎しみとは別に【この人は本当に大丈夫なんだろうか?】という感情が沸いた。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました