第55話 茶番

茶番

 

 

「ングッ、ングッ、、スンッ」

 

言い合いに熱くなっていて気付かなかった…

 

泣いている

妻の浮気相手が泣いている

 

なんで泣いているんだ?

 

 

 

理解出来なかった。妻の言葉にイライラして熱くなっていたが、一気に冷めた。妻も「え?」という顔をしていたので同じ事を感じたに違いない

 

「え、っと。大丈夫?なんで泣いてんの…?」

松原諒太「ングッ、ングッ、、スンッ・・・」

「べ、別に逮捕されるとかいう話ではないからさ…。それにおれも正直に言ってくれるなら大事にする気はないよ?」

 

なんだこれ・・・

なんで被害者が加害者を慰めてんだ…?

 

松原諒太「ングッ、ングッ、、スンッスイ、マゼン!ズイマゼン‼」

「うん。分かったよ。分かったからもう泣かなくていいって…」

 

こんな所(近所のお店の駐車場)で泣かれても困る。ただでさえ人の目を引きそうなのに、大の大人が泣いているとなれば…。すると妻が松原諒太に近寄った

 

「大丈夫よ。悪くないから泣かなくていいよ。」

 

???

 

「泣いてくれて優しいね・・・大丈夫。大丈夫だから。頑張ろう」

 

 

?????

 

 

「私も頑張るからさ!諒太も一緒に頑張ろ!うん…大丈夫。」

 

 

????????????

 

 

一体なにを頑張るんだ!?
なんでお前たちは悪くないんだ!?
なんだコイツらは…

 

 

 

コイツらの茶番を見て再確認できた

さっさと縁を切った方がいい

 

 

松原諒太が泣いている姿を見て熱が冷め、茶番を見せられやる気まで冷めた。早くこの場から立ち去りたい!人生において関わらない方がいいタイプの人間だ。自分の妻にこんな感情を抱く日が来るとは思ってもみなかった

 

松原諒太の背中をさする妻に言った

 

「もうおれ帰るから。今後どうするのか決めておいてね。おれは浮気を認めて慰謝料さえ払ってもらえれば、大事にする気ないから…。離婚もするし養育費も払うつもりだから。」

 

その言葉だけを置いて、私はそそくさと車に乗ってその場を去った!無理だった!あの場の…あの2人の感じ…正直気持ち悪くて、こっちが恥ずかしくなってくる!

 

 

帰る車の中で何度もつぶやいた

 

 

「なんだこの茶番…」

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました