第50話 動く

動く

 

 

妻が浮気を認め、それなりの謝罪をするのなら許そうと思っていた。それは私も離婚をするにあたり、ダラダラと揉めて長引くのを避けたかったからだ。長引けばまた・・・

 

 

期待した・・・
妻の口から「ごめん。」という言葉が出てくることを

 

しかし

 

浮気はしてない

 

妻は最後まで浮気を認めなかった

 

 

 

妻「浮気じゃなくて離婚の話を進めた方がいいんじゃない?その方がお互い良くない?」

 

浮気から話を逸らそうとしている…

 

私「…そうだな。…遅いから明日また話そうか」

 

妻が部屋を出て行った

 

 

 

その後私はすぐに家を出た!
地獄に戻らない為に

 

弁護士など雇う金はない

時間もかけたくない

子どもは・・・

 

 

 

適当な場所に車を停めて、今夜はそのまま車の中で寝ることにした。今後の事を考えてみたが、お金も時間もない私に多くの選択肢はなかった

 

なのでとりあえず明日・・・

 

 

松原諒太に会いに妻の会社へ行ってみる事にした

 

 

 

 

正直に言うと、この時はもう半分どうでもよくなっていた。以前は「離婚したら子ども達が…」とか思っていたが、地獄の中でもがき苦しんでいる内に、家族に対する想いが確実に変化していた

 

 

早く離婚して楽になりたい
でも納得いかないからただでは離婚しない

 

 

別に計画があるわけではない。「おれがいきなり会社に現れたら焦るだろうな」くらいにしか考えていない。まぁ悪い事したのあっちだし…困る顔でも見に行ってみよう

 

そんな感じで私は、松原諒太に会う為に妻の会社へと向かった

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました