第43話 気持ち

スポンサーリンク

気持ち

 

 

妻のLINEを見てすべてが分かった

 

しかし、私はどうするべきなのだろうか?

 

・・・・・・・

 

・・・・・

 

 

別に…

 

 

私を無視するような子どもならいらない

 

 

・・・・・!!!!?!?!?!?

 

この時私は

自分に恐怖を感じた』

 

 

え⁉おれは今なにを思っていたんだ!?子どもなんかいらない?そんな訳ないだろ!命より大切な我が子だぞ…その為に必死に働いて…全てを捧げてきた。いらないなんてそんな…あるわけがない‼

 

この時は自分にそう言い聞かせて誤魔化したが、私の中で1年前ではあり得ない事が起きているのは間違いなかった

 

 

 

 

そして、妻の浮気相手…

 

松原諒太

コイツをどうするかという問題もある。

 

正直な所、以前浮気現場を目撃した時ほどの衝撃は無かった!それはなぜか?色々と要因はあると思うが、大きくは【存在の変化】があった。

存在の変化とは、私の中で妻という存在のあり方が変わったという事。一言で言えば「嫌いになった」である。好きでもない人間が浮気しようとどうでもいい…私にとって妻がどうでもいい存在になっていた

 

なので、妻に対して怒りや悲しみといったものは
沸き上がってこなかった

 

同時に、妻の浮気相手松原諒太も
どうでもいい存在だった

 

 

普通、妻の浮気相手なら○したいと思っても不思議ではない。いやその方が正常と言えるだろう…。だが私は思わなかった!もちろん好きか嫌いかで言えば嫌いである!嫌いではあるが・・・

 

 

妻…どうでもいい

浮気相手、どうでもいい

 

子どもー・・・

 

 

自分で自分の気持ちが分からない

 

 

そう。
これは精神的病…

完全に鬱病の症状だった

 

 

しかし当時の私は、「鬱病なんて気持ちの問題だろ?本当にそんな病気あるの?」などと考えている大馬鹿野郎だったのです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました