第21話 思考

思考

 

妻に『私が見た事実』を話したが、妻は一切認めなかった。バカな私は今まで気付かなかったが、【証拠】が何もない。

 

準備の段階では分かっていた事だが、いざその現場に出くわすと頭に血が上ってしまい何も証拠を取ることが出来なかった。

 

せっかく出張が終わって自宅に帰宅したというのに、怒りと情けない気持ちでまったく寝れなかった。外に出ては庭をウロウロした。今起きている事が現実だとはなかなか受け入れられなかった。

 

あの妻が…浮気している・・・

 

家族が…

 

 

妻が浮気しているという事も衝撃的でショックだったが、私は家族がバラバラになってしまう事の方が辛かった…

 

 

 

 

リビングに一人

 

考えた

 

 

妻が浮気しているのはほぼ間違いない!家に居なかったという事は男の家にも泊まったする関係なのだろう…しかし子どももいなかった。という事は子どもも浮気相手の家に泊まっていたのか!?そんな事あり得るのか!?長女と次女は、もう十分に物事を理解出来る歳だぞ!逆にハルトに至っては…

 

 

いや!
さすがにそんなことはないだろ!

 

 

必死に自分の考えを否定しようとしていたが、子どもを預けて見てもらえる人なんか実家以外に無い。

 

 

 

子どもに聞いてみようか…

 

ダメだ

 

子どもをこんな事に巻き込みたくはない!
親として巻き込んではいけない!

 

 

私は幼いころに親が離婚している。その過程で”見たくないもの“を沢山見て育ったので、自分の子には同じ思いをさせないと決めていた。しかし、その決意が揺らぐほどだった…

 

 

 

でも、このままでは家族が悪い方向にいってしまう

 

 

息子はまだまだ幼すぎて分からないだろう…

 

 

長女と次女に聞いてみよう

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました